髪の状態から薄毛になるサインを見つけ出すコツとは?

20代の男性のみなさんの中には「自分はまだ若いし、抜け毛も多くない。薄毛になる心配はない!」と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、今、抜け毛が気にならないからといって、将来的に薄毛にならないとは限りません。

 

抜け毛だけが薄毛のサインではないのです。

 

 

 

40代になると男性の約3割が抜け毛の症状に悩み始めると言われています。

 

育毛ケアは先手必勝です。

 

髪の毛が抜け始めてから慌てないように、抜け毛予防のケアを始めることが大切です。

 

では、ここで抜け毛の他に注意しておきたい薄毛のサインについて考えてみましょう。

 

 

 

髪をさわってみて、以前よりもハリやコシがなくなってきたな?と感じることはありませんか?髪が柔らかくなって、以前よりもヘアスタイルを整えるのに時間がかかるようになったと感じたら、頭皮環境が変化しているのかもしれません。

 

頭皮環境が乱れると、しっかりとした毛髪が育ちにくくなります。

 

通常、毛髪は2年から6年程度の時間をかけて成長していきますが、ハリ・コシのある太い髪になる前に生え変わるようになっているのかもしれません。

 

 

 

最近、髪の毛が伸びにくくなった気がするという方も要注意です。

 

毛髪は通常、1カ月に1〜1.5センチ程度伸びると言われています。

 

全体的に伸びる速度が遅くなったように感じたら、髪が伸びきらないうちに生え変わっている可能性があります。

 

 

 

また頭皮が脂っぽくベタベタしている状態も抜け毛が始まるサインであることが多いようです。

 

AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる抜け毛の症状は男性ホルモンの分泌が過剰になることで起こりますが、男性ホルモンの分泌が増えると皮脂の分泌が増えるため、頭皮がべたつく傾向があります。

 

放っておくと、皮脂が毛穴に詰まり、毛髪の成長を妨げることになるので注意しましょう。

 

 

 

また薄毛になる大きな要因のひとつとして遺伝もあげられます。

 

親、兄弟、祖父母に薄毛の人がいれば、現時点で抜け毛が気にならないとしても将来的に薄毛になる確率は高めです。

 

家族の中に薄毛の人がいれば、若いうちは硬い髪に悩んでいても、40代前後になって急に髪が抜け始めることがあるようです。

 

 

 

数年前からAGA(男性型脱毛症)の治療が病院でできるようになってきてはいますが、すべての人に治療の効果があがるという保証はないのだそうです。

 

大切なのは抜け毛が気になり始める前に、予防するケアを始めるということ。

 

高価な育毛剤はまだ早いかな?と思っても、頭皮環境を整えてヘアサイクルを正常な状態に導いてくれるスカルプシャンプーなら手軽に毎日のケアに取りいれられるのではないでしょうか。