規則正しい生活週間は育毛ケアをするにあたって重要な役割を果たしています

薄毛や抜け毛予防のための育毛ケアをするなら、是非、一度見直したいのがあなたの生活習慣です。

 

スカルプシャンプーで頭皮を清潔に保ち、育毛剤でケアをしていても、生活習慣によっては効果が出にくい場合があります。

 

ここで育毛ケアをする上で注意したい生活習慣について考えてみましょう。

 

まずひとつ目が規則正しい生活を送るという点です。

 

 

 

男性が薄毛の症状に悩みはじめる30代〜40代は仕事での責任が増える時期でもありますよね。

 

毎日残業で夜、寝るのが遅いという方も多いのではないでしょうか。

 

寝不足になると成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいます。

 

 

 

成長ホルモンは体の傷ついた細胞を修復したり、成長させたりする役割を持つホルモンで夜10時から2時の間にもっとも多く分泌されると言われています。

 

髪を作り出す毛母細胞もこの成長ホルモンのはたらきによって活性化されます。

 

この時間帯に眠っていないと、成長ホルモンが十分に分泌されないため、健康な毛髪が作られにくくなってしまうのです。

 

そんな早い時間に寝るなんてムリ!という方も、せめて0時には就寝するように心がけてみましょう。

 

 

 

またバランスの取れた食生活も大切なポイントです。

 

健康な髪を作り出す、たんぱく質、ビタミン、亜鉛などを含んだ食事を摂るように心がけましょう。

 

良質のたんぱく質は卵や豆腐、納豆などに含まれています。

 

 

 

亜鉛は意識して摂らないと不足しがちな栄養素なので、サプリメントを利用してみるのもいいでしょう。

 

昔から髪にいいと言われている昆布やワカメなどの海藻類に含まれているヨードやフコイダインも育毛ケアをサポートしてくれる効果が期待できると言われています。

 

 

 

インスタント食品や冷凍食品などの加工食品やビタミンなどの栄養素が壊れてしまっているうえ、たくさんの添加物が含まれています。

 

添加物の中には亜鉛などのミネラルを体に吸収されにくくする作用をもつものもあります。

 

インスタントラーメンやコンビニ弁当を食べながら、サプリメントで栄養を摂る…というのは実は本末転倒なのです。

 

 

 

脂分の多い肉類を中心とした食事もよくありません。

 

脂肪分高い食事は動脈硬化など血管を詰まらせる病気の原因にもなり、全身の血行を滞らせてしまいます。

 

頭皮の血行が悪くなるだけではなく、皮脂の分泌が増え、毛穴を詰まらせることにもつながります。

 

脂っぽい食事はほとほどにしておきましょう。

 

 

 

メタボ体型気味の方は薄毛に悩んでいる人が多いという報告もあります。

 

薄毛予防のためのバランスの取れた食事は生活習慣病の予防にもつながると言えるのです。

 

抜け毛の予防はスカルプシャンプーや育毛剤だけを使えばOKというわけではありません。

 

フサフサとした豊かな毛髪とイキイキとした体を保つためにも、規則正しい生活とバランスの取れた食生活を心がけましょう。