自分の体に合ったスカルプシャンプーを選ぶことが大切です

育毛ケアの第一歩として有効なスカルプシャンプー。

 

先手必勝の育毛ケアのために、使ってみよう!と思っても、いろいろなタイプがあってどれを選んだらいいのか分からないという声も多いようです。

 

ここでは自分にあったスカルプシャンプーの選び方を紹介しましょう。

 

 

 

まずは頭皮の様子をよくチェックしてみましょう。

 

ベタついていますか?それともフケがでるなど、乾燥している状態ですか?

 

頭皮がベタついている場合は、頭皮の汚れをスッキリと落としながら雑菌の繁殖を防ぐ抗菌効果のある成分が配合されているものがオススメです。

 

ビタミンB6やイオウ、海藻エキスなどが余分な皮脂をすっきりと除去してくれる成分です。

 

 

 

頭皮が乾燥している方は保湿成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。

 

保湿成分にはコラーゲン、ヒアルロン酸、海藻エキスやイチョウエキス、キトフィルマーなどがあります。

 

さらに頭皮の色もチェックしてください。

 

適度に潤いのある健康な状態の頭皮は青白い色をしています。

 

 

 

頭皮が赤くなっている場合は炎症を起こしているのかもしれません。

 

スカルプシャンプーの中には炎症を抑える抗炎成分が配合されているものもあります。

 

グリチルリチン酸やユーカリエキス、ドクダミエキス、アロエエキス、オタネ人参エキスなどが配合されているものがオススメです。

 

抗炎効果のあるタイプはかゆみを抑えてくれる効果も期待できます。

 

 

 

頭皮を触ってみると硬い、または痛みを感じるという方は血行促進成分が配合されているものを選びましょう。

 

肩コリや慢性的な頭痛に悩んでいるという方も同様です。

 

ビタミンEやセンブリエキスや人参エキスなどが含まれているスカルプシャンプーを選んでみましょう。

 

 

 

またスカルプシャンプーの中には薄毛の原因になる男性ホルモンを抑制する成分を配合したものも増えてきています。

 

代表的なものにはオウギンエキスやソウハクヒエキス、エストラジオールなどがあります。

 

男性ホルモンが過剰になると、皮脂の分泌が増えます。

 

毎日シャンプーしていても、頭皮がベタ着くと言う方やAGAの治療をしている方にもオススメです。

 

 

 

頭皮に刺激を与えずに頭皮環境を整え、ヘアサイクルを正常化するためにも刺激の少ないシャンプーを選ぶことも大切です。

 

洗浄成分は石油系界面活性剤ではなく、アミノ酸系の洗浄成分を使用したものが適しています。

 

 

 

また、髪をしっとりと落ち着かせるポリマーやシリコンが毛穴に詰まって、抜け毛の原因になるという意見もありますが、これはあまり気にする必要がないと言われています。

 

ただし、毛髪をコーティングして落ち着かせてしまうため、ボリュームが減ったように見えてしまうかもしれません。

 

少しでも髪をふんわり見せたいなら、シリコンやポリマーの含まれていないタイプを選ぶとよいでしょう。