正しいヘアサイクルをさせる事が効果的に育毛ケアするコツです

みなさんもご存じのように、私たちの毛髪は一度抜けたらそれで終わり…というわけではありません。

 

同じ毛穴から、また新しい髪が生えてきて、伸びていき、やがて抜けていく、それを繰り返しているのです。

 

このサイクルのことをヘアサイクル(毛周期)と呼んでいます。

 

 

 

薄毛になる原因のひとつとしてあげられるのが、このヘアサイクルの乱れです。

 

効果的に育毛ケアをするためには、このヘアサイクルが正しく繰り返している状態に導かなければなりません。

 

はじめにヘアサイクルについて詳しく考えてみましょう。

 

 

 

ヘアサイクルには成長期・退行期・休止期の3つのターンがあります。

 

では正しいヘアサイクルはどのくらいの期間で繰り返されているのでしょうか。

 

 

 

まずはヘアサイクルの始まりである成長期から見ていきましょう。

 

頭皮の中で毛母細胞が分裂し、新しい髪が生え、髪が成長し、伸び続けている時期は成長期にあたります。

 

いま、生えている髪はすべて成長期のもので、毛髪全体の85〜90%程度と言われています。

 

 

 

成長期は古い毛髪が新しい毛髪に押し出され、新しい毛髪が生え始める初期成長期とそれ以降の後期成長期に分かれています。

 

成長期は全体を通して2年から6年程度です。

 

その後、成長を終えた髪は退行期に入ります。

 

退行期になると毛髪は頭皮内の毛母細胞から離れるため、髪が伸びなくなります。

 

退行期の長さは2〜3週間程度です。

 

 

 

そして最後の休止期になると毛母細胞から離れた毛髪が徐々に頭皮の上のほうへ上がっていき、抜け落ちる準備を始めるのです。

 

休止期にあたる毛髪は全体の10〜15%程度で、3〜4カ月程度かかると言われています。

 

これが一般的な正しいヘアサイクルの流れです。

 

 

 

薄毛に悩むようになると、このヘアサイクルの中の成長期が短くなります。

 

毛髪が太くしっかりと成長する前に数カ月から1年程度で抜けてしまうようになるのです。

 

毛髪は1カ月に1センチ程度伸びると言われています。

 

朝、起きたときに枕についている抜け毛をよくチェックしてみてください。

 

抜け毛の中に短くて細い毛髪が目立ち始めたら、ヘアサイクルが乱れているのかもしれません。

 

 

 

ヘアサイクルが乱れる原因は遺伝によって男性ホルモンの分泌が過剰になっているケースの他にストレスや栄養不足で頭皮環境が乱れている状態などがあります。

 

男性に多い、AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンの影響によるもので、病院での治療が可能な場合もあるようです。

 

また毛穴に汚れが詰まっていたり、血行が滞っている状態も頭皮環境を悪化させ、毛髪の成長期が短くなってしまう原因になります。

 

自分にあったスカルプシャンプーなどで頭皮環境を整えてあげるようにしましょう。